Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zaitakjin/zaitakjin.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

告知なしの新譜販売で話題のハイスタ、しかしAmazonのレビューは…

16年ぶりに発売されることとなったHi-STANDARD(ハイスタ)の新譜『ANOTHER STARTING LINE』。事前告知されることなく店頭販売されたことが話題になりました。

そしてさらに、オリコンシングルチャートランキングでは、結成25周年で初の首位獲得となったそうですが、ふとAmazonの商品ページを見てみたところ、スゴイことが起きていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Another Starting Lineの価格が高騰!

Hi-STANDARD(ハイスタ)の新譜『ANOTHER STARTING LINE』は販売元Pizza of Deathの価格では\1,200(税別)ですが、Amazonでは価格が高騰。

2016年10月11日時点で、送料を含めるとなんと約\2,000~\3,900くらいの価格になってしまっています。

少なくとも約800円以上も価格が高騰し、高いものでは3倍以上の値段に!

公式のアナウンスによると、10月26日から通販やダウンロード配信が始まるようなので、その間に高値で売ろうとしている業者がたくさんあるようですね。

そして低下するAnother Starting LineのAmazonレビュー

そしてこの記事の作成時点で『ANOTHER STARTING LINE』のAmazonでのレビュー評価は「星1つ」が最多になっています。

なんでそんなに評価低いんだ!?と思ってレビューを読んでみると、作品のレビューではなく転売業者のレビューが書いてあります↓

Another starting lineのAmazonレビュー

非常に辛辣なコメントも多数ありますが、「役に立った」という評価も多数です。

作品自体のレビューがあまり書かれていない一方でこういう現象が起きるのもまた珍しい…

Another starting line のAmazon レビュー

最初にやるべきことは「公式サイトのチェック」だった!

SNSでは10月4日の深夜からこの新譜に関する投稿が上がり始めていましたが、結構それを見てCDショップに足を運んだ人も多いのではないでしょうか。

私も実は最初そういう投稿を見て買いにいこうかなぁと思っていたのですが、「どこで売っていて、どこで売っていないのか?」というのがわかりませんでした。

気になったので調べてみると、公式サイトには取扱い店舗一覧が各都道府県ごとにしっかり載っているではありませんか!

最初に気付いてチェックするべきはこの公式サイトだったんですねぇ。

とにかく行ってけど店舗に置いてなかった!という経験をした人も結構いたんじゃないでしょうか。

SNS時代、ネットショップ時代ならではの現象なのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする