土性沙羅(どしょうさら)さんの人気が急上昇中!人気テレビ番組にも多数出演

meineresterampe / Pixabay

以前の記事では松阪市の凱旋パレードと祝勝会についてお伝えした土性沙羅(どしょうさら)選手。一躍時の人となって人気も急上昇中で、メディアへの露出も増えています。

特に最近、人気テレビ番組への出演も多くなってきているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TBSのジョブチューンに出演

2016年9月24日のジョブチューンはリオオリンピックのメダリストスペシャルでした。

土性選手はほかのメダリストとともに出演し、金メダル獲得に関する裏話を披露していました。

普段呼ばれているニックネームの「野獣」や「ダンプカー」がかわいくない!ということで、バナナマンの設楽さんが考えたのが「どしょたん」。

さて、今後の愛称として定着するか!?

「人生が変わる1分間の深イイ話」で密着取材

2016年9月26日に放送された日本テレビの「人生が変わる1分間の深イイ話」では土性選手への密着取材が行われていました。

凱旋パレードと祝勝会の様子

凱旋パレードと祝勝会の様子は各メディアでも伝えられていますが、深イイ話でもしっかりと取り上げられていました。

凱旋パレードには約1万5千人もの人が詰めかけた様子が伝えられていましたが、「おめでと~!」という声に交じって「べっぴんさんやなぁ」という声まで。

そして祝勝会では市民栄誉賞が授与される様子が。

そのお祝い品は、松阪産コシヒカリ300kg松阪牛3kg、そして「渋めのお着物」と表現されていた、おそらく松阪木綿の着物松阪産焼き海苔と味付け海苔をそれぞれ500枚、などなど、合計24品だったそうです。

密着はプライベートにも及び、実家でくつろぐ様子も。

しかし、幼い頃は体も小さく、レスリングを始めたころは負けることも多かったそうで、実家に飾られているメダルは弟さんのものの方が多いとのことでした。

負け続けた幼少時代の経験があったからこそ、何事も負けたくないという気持ちでさまざまなことを乗り越えてきたそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする