なるべく人混みを避けて、日程にしばられずに花火を見る方法

花火

Lee_seonghak / Pixabay

毎日暑いですね。夏もいよいよ本番という感じで、全国各地で花火大会が開催される時期になりました。でもこの花火大会、行き帰りには渋滞や混雑がつきものです。それから当然、開催日は決まってるので自分の予定と合わなければ見にいけません。

今年みたいにめちゃめちゃ暑いと「行きたいけど混むし暑いしなぁ…」とか、「なんか今年は別の予定がいろいろ入って行けなかった」とか、そういうことってありますよねぇ。そもそも、同じ時期にやってるからこそ、「今年もこの時期が来たかー!」って感じで夏を感じるイベントだったりするんですが。

でも8月も前半を過ぎると、だんだんと花火大会自体の数が減ってきます。「行きたかったけど、今年は行けなかったなぁ」なんて気分になって、悲しくなってきたりして。そんなときは、決まった期間中は毎晩花火の上がる場所に行くと、人混みを比較的避けることができ、日程にもそれほどしばられることなく花火を鑑賞できます。

というわけで、毎晩花火を見ることができる場所をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏の鳥羽湾毎夜連続花火

三重県の鳥羽では8月3日(水)~8月28日(日)の期間中、毎晩3分~5分程度花火が上がるそうです。伊勢・志摩からも近い鳥羽なので、ほかの観光地を巡ることもできて一緒に花火も楽しめそうですね。

開催場所 三重県鳥羽市(鳥羽湾周辺)
期間 平成28年8月3日(水)~8月28日(日)
時間 20:30頃~
公式URL http://www.tobanoyado.com/

サマーナイトファイヤーフェスティバル

長野県の諏訪湖では、7月24日(日)〜8月31日(水)の期間中、毎晩15分ほど花火が上がるそうです(8/15を除く)。

開催場所 長野県諏訪市(諏訪湖)
期間 平成28年7月24日(日)〜8月31日(水)※8/15を除く
時間 20:30頃~
公式URL http://www.suwako-hanabi.com/index.html

洞爺湖ロングラン花火大会

4月末から10月末まで開催されているとは、まさにロングラン!春から秋まで続く花火大会があったとは驚きです。

開催場所 北海道(洞爺湖)
期間 平成28年4月28日(木)~平成28年10月31日(月)
時間 20:45分~21:05分
公式URL http://www.laketoya.com/

納涼花火まつり

石川県の片山津温泉では、8月1日(月)~8月31日(水)の期間中、毎夜約10分間花火が打ちあがるそうです。

開催場所 石川県(片山津温泉、柴山潟湖畔)
期間 平成28年8月1日(月)~8月31日(水)
時間 21:00~
公式URL http://www.katayamazu-spa.or.jp/

まとめ

夏の風物詩の花火大会ですが、毎晩みることができる場所もあるんですねぇ。今回の記事で取り上げたところはどこも観光地なので、「今年は夏っぽいことをぜんぜんしなかった!」と思っている方は、夏の旅行プランと合わせて計画できるかもしれません。時期的にギリギリかもしれませんが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする